2022年08月14日

あわや!

8月に入ってまず感じたのは、日没が早くなったこと。

6月とは比較にならない。9月になると「秋のつるべ

落とし」が始まるのだろう。


我が家から100m離れた場所に交差点がある。

ここは信号無視の違反が多いところだが、パトカーを

隠して見張る場所や違反者を停車させる道幅がない。

さらに1方向を除けば極めて見晴らしがいいので、

信号無視をする。


この信号のすぐ近くで昨夕ふとであったご近所の奥さん

と立ち話をしていると、青信号で入ってきた普通車が

急ブレーキ。

理由は信号無視の中年女性が乗った50㏄バイク。

あわや車の横腹にぶつかるかと思いきや、うまくかわして

無理やり車の前に出て、そのまま走り去った。

普通車はしばし茫然の態。


この信号は家内が反射材をつけて渡っていても、

歩行者と信号無視ですれすれに通り過ぎる車がいる。

私は散歩時、必ず前後左右を2度確認する。


この信号を西に向かえば、山のトンネルを抜けてすぐ

隣町の砥部に出る。急坂(8%)なので、トンネル

抜けるとすごい勢いで砥部と松山へ下る。

制限速度は40kmだが、ほとんど70kmは出す。

警察に捕まった車両を見たことがない。

死亡人身事故が起きるまではたいてい放置がいずこも

通例。


散歩中に対向車がなければ、散歩者には容赦なく

ハイビームを浴びせてくる。3割ぐらいはビームを

下げるが、バイクは100%下げない。

子供っぽいが、私も対抗に軍用ビームライトを買って

今夕から使うことにする。

posted by nibari1498 at 08:03| Comment(8) | 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年08月12日

下手ながらの工夫

我が家は築50年。私が若いころに立てた時は

まあそれなりのものだったが、今では古民家の

範疇。


20年前に台所、浴室、トイレの全面リフォーム、

床全部と一部の畳の張替え。

相当な金額がかかった。


そのトイレも昨年7月全自動に変えた。

トイレ自体が昔のものだから狭い。

さらに、エアコンがないので、窓を開けて扇風機

利用となる。

窓の彼方資材置き場でしかも土地の高低差があり、

窓全開でも向こうからは一切見えない。

8-6.JPG

今はこのような小型の扇風機の羽根はあまり上下が

できない。

これで使ってみると、風は頭の上を通るだけ。

8-6a.JPG

そこで家にある小さい板を切って、前方が滑り止め、

後方が扇風機の座る場所にしてみた。

8-6c.JPG

これできちんと背中と頭に風が当たりだした。

トイレの中で新聞や本を読む癖があるので、

ついつい長居する。


次女が私の悪い遺伝を引き継いでいるので、

たまに戻ってくるとトイレは「早い者勝ち」となる。


今更一畳ほどの部屋にエアコンつけるため室外機のため

壁に穴をあけるのも大変。窓用エアコンでは寸法が合わない。

これからの夏も扇風機で乗り越える。







posted by nibari1498 at 07:36| Comment(18) | 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年08月09日

野球部は外人部隊

昔の高校野球では四国勢は強かった。

松山商業、高松商業、鳴門高校、高知商業や明徳。

春のセンバツ大会は87回、夏の選手権大会は97回を

数えますが、四国のたった4県だけで春は15度の

制覇、夏は10度、春夏合わせて計25度の全国

制覇を成し遂げていて、14年に一度は春か夏で

優勝している計算になります。


高校の監督やスカウトの目にとまった中学生には

10月ころから勧誘が来る。私立高校の場合は、

特別待遇生となる。


しかし、今やレベルもかなり下がったのか、甲子園での

優勝回数は減ってきたし、1回戦か2回戦で敗退する

ことも多くなったように思う。


今年甲子園を目指す愛媛の優勝戦のメンバーを見て

驚いた。

愛媛出身の中学生が極めて少なく、いわば外人部隊。

優勝を争った2校とも私立高校だから、このメンバーは

仕方ないとしても。


まず優勝した大洲帝京第五高校。

(一応名前は公表されているが、こちらで省略させて

いただいた。)


外人部隊.jpg

神奈川や千葉県出身がいる。通学できない生徒のための

寮があるのだろう。わざわざ遠くから来て、甲子園に出れる

のは希望がかなったことだろう。


地元市長や市民、また県の方々も県外出身者で固められた

甲子園にやや複雑な気持ちで応援されるのだろう。


準優勝の松山学院も私立。こちらはなぜか沖縄出身が多い。

8名もいる。東京の隅田が3名。県内出身は2名。

外人部隊a.jpg

彼らは卒業するとともに大学で野球を続け、幸先

良ければプロに入るのだろう。


本人も親も大変だなと、ふと変なところで感心した次第

です。


posted by nibari1498 at 08:02| Comment(14) | 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする